金融市場NOW

新型コロナウイルス感染拡大 英EU貿易協議にも影響

2020年04月21日号

金融市場の動向や金融市場の旬な話題の分析と解説を行います。

2011年6月までのレポートはこちらから

金融市場ラインマーカー

感染拡大に終息の兆しが見えない中、英国政府は移行期間の延長を否定

  • 新型コロナウイルス感染拡大に終息の兆しが見えない中、英国とEUによる通商協定の交渉が当初の日程から延期。6月の大枠合意目標に変更はないが、年末の移行期間終了までの合意を懸念する声も。
  • 来年の景気回復が期待される中、交渉の難航や決裂が新たな市場の波乱材料となる可能性も。

感染拡大で直接交渉がままならず

新型コロナウイルス感染拡大により延期されていた英国とEU(欧州連合)の通商協定交渉が、15日ビデオ会議で実施されました。3月2日の第1ラウンドを皮切りに3週間に1度のペースで協議が予定されていましたが、当初予定されていた第2、第3ラウンドは感染拡大により直接面談が難しいとの理由などから延期されました。この間EU側の主席交渉官が新型コロナウイルスに感染し、英国側の主席交渉官も感染の症状を訴えるなど、世界的な感染拡大の影響を大きく受けることとなりました。

15日の交渉では、4月20日から6月まで3回の交渉を実施することが決められ、当初予定されていたとおり6月の大枠合意目標に変更がないことが確認されました(表1)。

表1:交渉日程等

  • ※第2~4ラウンドは従来の3~4日間の交渉期間を増やして行う。ビデオ会議にて開催。
  • 出所:各種報道資料等のデータをもとにニッセイアセットマネジメントが作成
日程 内容
4月20日~ 第2ラウンド交渉(4月20日に始まる週内に実施予定)
4月23日 EU首脳会議
5月11日~ 第3ラウンド交渉(5月11日に始まる週内に実施予定)
6月1日~ 第4ラウンド交渉(6月1日に始まる週内に実施予定:大枠合意目標)
6月18日 EU理事会
7月1日 移行期間延長(2022年まで)希望の申請期限
10月15日 EU理事会
11月26日 年内批准に向けた欧州議会への通商協定提示期限
12月10日 EU理事会
12月31日 移行期間終了

英国政権は強気な姿勢維持

英国は感染拡大に終息の兆しが見えない中でも、今年12月末の移行期間(激変緩和措置として離脱前の状態が維持される期間)を延期しないことを強調しました。通商協定がないまま移行期間が終了すれば、双方の貿易品などに関税が発生し、経済活動への大きな影響が想定されます。感染拡大に終息の兆しが見えず、各国政府が対応に追われる中、交渉に万全な体制で臨むことは困難であるとして、英国野党は移行期間の延期を求めています。

英国政府が先に公表した文書では、優先すべきポイントが示され、6月までに大枠で合意されなければ、交渉を打ち切る姿勢を示しています。感染拡大への財政支援策などを巡りEU加盟国間で対立が見られ、一枚岩でない状況を利用すべきとの考えから強気の交渉を求める声も出ています。争点となっている漁業や航空、エネルギーなどでは個別の交渉(EUは包括的な交渉を希望)要求や、競争力のある金融サービスでは規制緩和など独自のルール作りで国際競争力を更に高めたい意向があると思われます。

2021年の景気回復期待に水を差すことにも

IMF(国際通貨基金)から公表された4月時点の世界経済見通しでは、英国、EUともに2020年の成長率予測が大きく下方修正されています。一方で感染拡大が終息するとの見通しから、2021年成長率は回復見通しとなっていますが(表2)、交渉が難航し決裂となれば、景気回復見通しに大きなマイナスの影響を及ぼしかねません。今秋の米大統領選の候補者はトランプ大統領と穏健派のバイデン氏に絞りこまれ、大統領選が市場の波乱材料となる可能性が低くなったと想定される中、交渉の進捗状況は、新たな不透明要因として年末から来年かけての大きな波乱材料となることも想定されます。

表2:IMF世界経済見通し(4月時点)成長率予測

  • 単位:%
  • 出所:IMFのデータをもとにニッセイアセットマネジメントが作成
  2019年(推計)(前年比) 見通し(前年比) 前回(2020年1月時点)との比較
2020年 2021年 2020年 2021年
英国 1.4 -6.5 4.0 -7.9 2.5
ユーロ圏 1.2 -7.5 4.7 -8.8 3.3
ドイツ 0.6 -7.0 5.2 -8.1 3.8
フランス 1.3 -7.2 4.5 -8.5 3.2
イタリア 0.3 -9.1 4.8 -9.6 4.1
スペイン 2.0 -8.0 4.3 -9.6 2.7

金融市場動向一覧へ

「金融市場動向」ご利用にあたっての留意点

当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。
  • 投資する有価証券の価格の変動等により損失を生じるおそれがあります。