金融市場NOW

世界の平均気温上昇 気候変動対策のさらなる強化へ

2022年01月25日号

金融市場の動向や金融市場の旬な話題の分析と解説を行います。

2011年6月までのレポートはこちらから

金融市場ラインマーカー

各国がCO₂削減に取り組むも、地球温暖化が進む

  • 2021年の世界の平均気温が観測史上5番目の高さとなる。近年の世界の平均気温の上昇により、世界各地で洪水や熱波などの異常気象が多発、再生可能エネルギーへの更なる移行が求められる。
  • 日本企業も新興国の発電事業等に積極参入。世界の排出削減をリードしていくことも期待される。

パリ協定の目標達成にはまだ道のり遠く

グラフ1:世界の平均気温の上昇が加速している

  • ※世界の年平均気温からのかい離の推移
  • *1850~1900年の平均気温からのかい離気温
  • 出所:コペルニクス気候変動サービスをもとにニッセイアセットマネジメントが作成

欧州連合(EU)の気象情報機関であるコペルニクス気候変動サービスの最新の報告書によると、2021年の世界の平均気温は、1850年からの観測史上5番目の高さとなりました(グラフ1)。
地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定では、『世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して、2℃より充分低く抑え、できれば1.5℃に抑える』との目標を掲げ、各国が地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO₂)などの温室効果ガスの排出削減に取り組んでいるものの、現時点において、非常に厳しい状況が明らかとなりました。

気温上昇に起因した異常気象が世界で多発

グラフ2:災害の増加で経済損失額も増加傾向

  • ※災害による経済損失額の推移
  • *干ばつ、気温上昇、洪水、土砂崩れ、竜巻、山火事による経済損失額の合計
  • 出所:世界気象機関をもとにニッセイアセットマネジメントが作成

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次評価報告書によれば、世界の平均気温の上昇により、降雨パターンが変化し、今後もさらに、世界各地で異常気象の発生頻度が高まるとしています。2021年も北米を襲った熱波による山火事、豪雨による欧州の大洪水などの自然災害が相次ぎました。世界気象機関によれば、洪水や干ばつなど、2000年以降20年間における世界の自然災害は6,701件となり、1970年から2000年までの30年間の発生件数(4,371件)を上回っています。また、災害による経済損失額も増加しています(グラフ2)。先進国では水力、太陽光などの再生可能エネルギーへの移行が進みつつある一方、新興国では依然として化石燃料への依存度が高く、化石燃料由来のCO₂排出量が増加傾向にあるのが現状です。

日本企業が新興国の発電事業に積極参入

グラフ3:新興国向けへのさらなる投資が重要となる

  • ※新興国向けクリーンエネルギー関連投資の見込み額
  • 出所:IEAをもとにニッセイアセットマネジメントが作成

国際エネルギー機関(IEA)は、再生可能エネルギー移行のための新興国への投資は、世界の最優先事項であるとし、世界各国に協調するよう呼びかけています。IEAによれば、新興国の化石燃料由来のCO₂排出量削減には、2020年時点で約1,500億ドルであった投資額を、2050年までに1兆ドル超まで増やす必要があると報告しています(グラフ3)。
近年、日本企業が最先端技術を導入し、カンボジアなどで太陽光や水力による発電事業を展開しています。今後、日本企業が世界の排出削減をリードしていくことも期待されます。

金融市場動向一覧へ

「金融市場動向」ご利用にあたっての留意点

当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。
  • 投資する有価証券の価格の変動等により損失を生じるおそれがあります。