金融市場NOW

足元の新型コロナウイルス感染状況について

2020年08月27日号

金融市場の動向や金融市場の旬な話題の分析と解説を行います。

2011年6月までのレポートはこちらから

金融市場ラインマーカー

経済活動を再開させた国や地域で、再び感染が拡大

  • 世界での感染者数は2,300万人を超え、感染は急拡大。米国、ブラジル、インドの3カ国で世界の感染者数の過半数を占める。
  • 米国などでは感染者の増加ペースが鈍化する一方、欧州や中南米等では感染拡大が続く。

世界での感染者数が2,300万人を超える

グラフ1:世界での感染者数は増加を続けている

  • ※世界における新型コロナウイルス感染者数と死者数の推移
  • 出所:ブルームバーグのデータをもとにニッセイアセットマネジメントが作成

2020年1月に中国武漢市で最初に確認された『新型コロナウイルス』は、発生から半年以上経過した今でも終息の兆しは見られません。2020年8月25日時点での世界の感染者数は2,300万人を超え、死者数は80万人に上っています(グラフ1)。感染者数が1,000万人を超えた6月28日から、8月10日に2,000万人を超えるまでの日数はわずか44日ほどで、感染は急拡大しています。国・地域別では、米国(約577万人)での感染者数が最も多く、次いでブラジル(約362万人)、インド(約317万人)となっており、3カ国で世界の感染者数の過半数を占めています(2020年8月25日時点)。

米国の感染者数の増加ペースは鈍化傾向

グラフ2:欧州は経済活動再開後に新規感染者が増加

  • ※欧米主要国の新規感染者数の推移(7日前比)
  • * 米国は右軸を参照
  • 出所:ブルームバーグのデータをもとにニッセイアセットマネジメントが作成

米国では7月下旬以降、新規感染者の増加ペースが鈍化傾向にあります。経済活動の再開以降、再び感染拡大がみられた州でのマスク着用の義務化や、レストランなどの営業の再規制などの対策が功を奏したものとみられます。一方、フランスやスペインなどの欧州諸国では、経済活動再開後の警戒感の緩みなどから再び感染が拡大しています(グラフ2)。

中南米では地方都市を中心に感染拡大

グラフ3:ブラジルを中心に中南米での感染も拡大

  • ※中南米主要国の新規感染者数の推移(7日前比)
  • * ブラジルは右軸を参照
  • 出所:ブルームバーグのデータをもとにニッセイアセットマネジメントが作成

南アフリカは6月にロックダウン(都市封鎖)を大幅に緩和した後、1日あたりの新規感染者数が1万人を超えるなど感染が急拡大しましたが、足元では新規感染者数は減少傾向にあります。
中南米ではブラジルやペルーでの感染拡大が目立ちます(グラフ3)。最近では、人口密度の高い都市部から地方へと感染が拡大しており、医療設備の充実化などが課題となっているようです。
世界規模でみてみると、一部の国や地域で感染拡大ペースの鈍化が見られるものの、医療体制がぜい弱である新興国での感染が広がっており、終息には時間を要するとみられます。

金融市場動向一覧へ

「金融市場動向」ご利用にあたっての留意点

当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。
  • 投資する有価証券の価格の変動等により損失を生じるおそれがあります。