金融市場NOW

IMF世界経済見通し(2020年6月時点)

2020年06月25日号

金融市場の動向や金融市場の旬な話題の分析と解説を行います。

2011年6月までのレポートはこちらから

金融市場ラインマーカー

新型コロナウイルスの感染拡大により成長率予測を大幅に下方修正

国際通貨基金(IMF)は6月24日に公表した最新の世界経済見通しにおいて、2020年の成長率予測を-4.9%と前回4月の見通しから1.9ポイント下方修正しました。新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受けて多くの国で個人消費が下方修正されたことを反映したものです。世界的感染拡大が予想以上に経済活動にマイナスの影響を及ぼしていることを踏まえ、経済活動は徐々に回復に向かうものの従来の予測より緩やかになるとして、2021年の見通しも+5.4%(前回は+5.8%)成長と下方修正しています。また、感染拡大の終息時期を見極めることは難しく、IMFは『今回の予測も通常より不確実性が高い』と付言しています。

  • 先進国・地域の2020年の成長率は-8.0%と、前回から1.9ポイント下方修正されました。社会的距離の確保などの感染対策に伴う需要の減少等が深刻な打撃となったものと思われます。今後も感染拡大への警戒が続くとみられ、景気の回復は緩やかなものになるものと予想されます。
  • 新興国の2020年の成長率は-3.0%と、前回から2.0ポイント下方修正されました。感染拡大防止に苦戦している国が多いことや原油価格の下落に伴い原油輸出国の可処分所得が減少していること等が大きく影響し、中国を除くほとんどの国でマイナス成長が予測されています。
  • 今回の見通しでは、上振れと下振れの2つの代替シナリオも公表されました。2021年の成長率は、経済の回復が想定よりも早く進むケースでは基本シナリオと比較して3.0%上振れ、感染第2波が発生したケースでは4.9%下振れすることが見込まれています。

表1:IMF世界経済見通し(前年比)

2020年6月時点

  • 単位:%
  • *1 インドは年度ベース(各年の4月~翌年3月)
  • *2 インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム
  • *3 オーストラリアは2020年4月発表時の見通し
  • 出所:IMFのデータをもとにニッセイアセットマネジメントが作成
  2019年(前年比) 見通し(前年比) 前回(2020年4月時点)との比較
2020年 2021年 2020年 2021年
世界 2.9 -4.9 5.4 -1.9 -0.4
先進国 1.7 -8.0 4.8 -1.9 0.3
日本 0.7 -5.8 2.4 -0.6 -0.6
米国 2.3 -8.0 4.5 -2.1 -0.2
ユーロ圏 1.3 -10.2 6.0 -2.7 1.3
ドイツ 0.6 -7.8 5.4 -0.8 0.2
フランス 1.5 -12.5 7.3 -5.3 2.8
イタリア 0.3 -12.8 6.3 -3.7 1.5
スペイン 2.0 -12.8 6.3 -4.8 2.0
英国 1.4 -10.2 6.3 -3.7 2.3
カナダ 1.7 -8.4 4.9 -2.2 0.7
新興国 3.7 -3.0 5.9 -2.0 -0.7
中国 6.1 1.0 8.2 -0.2 -1.0
インド*1 4.2 -4.5 6.0 -6.4 -1.4
ASEAN5*2 4.9 -2.0 6.2 -1.4 -1.6
ブラジル 1.1 -9.1 3.6 -3.8 0.7
ロシア 1.3 -6.6 4.1 -1.1 0.6
オーストラリア*3 1.8 -6.7 6.1 -9.0

グラフ1:主要先進国の経済見通し(前年比)

  • 出所:IMFのデータをもとにニッセイアセットマネジメントが作成

グラフ2:主要新興国の経済見通し(前年比)

  • 出所:IMFのデータをもとにニッセイアセットマネジメントが作成

金融市場動向一覧へ

「金融市場動向」ご利用にあたっての留意点

当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。
  • 投資する有価証券の価格の変動等により損失を生じるおそれがあります。