金融市場NOW

日本の雇用情勢は今後更なる悪化の可能性

2020年09月07日号

金融市場の動向や金融市場の旬な話題の分析と解説を行います。

2011年6月までのレポートはこちらから

金融市場ラインマーカー

有効求人倍率は2014年以来の低水準

  • 有効求人倍率は7ヵ月連続低下し、およそ6年ぶりの低水準。新型コロナウイルス感染拡大を背景に企業の採用意欲は低下。
  • 失業率の悪化は小幅にとどまるも先行きは不透明。今後、新型コロナウイルスの影響が長期化した場合、失業率の更なる上昇につながる可能性も。

有効求人倍率はおよそ6年ぶりの低水準

グラフ1:有効求人倍率 はおよそ6年ぶりの低水準

  • * 求職者1人あたり何件の求人があるかを示す。
  • 出所:総務省統計局のデータをもとにニッセイアセットマネジメントが作成

厚生労働省が9月1日に公表した2020年7月の有効求人倍率* (季節調整値)は前月比0.03ポイント低下の1.08倍となり、7ヵ月連続の低下でおよそ6年ぶりの低水準となりました(グラフ1)。企業からの有効求人数(前月比プラス2.5%)、勤労意欲のある有効求職者数(前月比プラス6.0%)ともに増加しましたが、有効求職者数の増加幅が上回ったことから有効求人倍率の低下につながりました。

新規求人数が再び減少に転じる

グラフ2:新規求人数が再び減少

  • * 新規求人数は2020年7月まで
  • 出所:総務省統計局のデータをもとにニッセイアセットマネジメントが作成

景気の先行指標として注目される新規求人数(季節調整値)は、7月は前月比マイナス4.9%となりました(グラフ2)。経済活動正常化の動きにより新規求人数は5月から2カ月連続で改善してきましたが、足元では減少に転じています。新型コロナウイルス新規感染者数が再び増加していることを背景に今後の雇用情勢が厳しくなることも予想されます。

今後、失業率が一段と悪化する可能性も

グラフ3:失業率の推移

  • 出所:ブルームバーグのデータをもとにニッセイアセットマネジメントが作成

総務省が9月1日に公表した7月の失業率は前月比0.1ポイント上昇の2.9%と小幅に悪化しました(グラフ3)。

新型コロナウイルスの感染拡大によって採用の抑制はみられるものの、労働者の解雇は一部に留まっているようです。しかしながら、新型コロナウイルスの影響が長期化し、企業業績の低迷が続けば企業が雇用を維持できず、非正規労働者等を雇い止めするなど、失業率の更なる悪化が見込まれます。

2008年のリーマンショック時には失業率が1.7ポイント悪化しました。新型コロナウイルスの影響から経済活動の回復が遅れる場合には、失業率が今後さらに上昇することも考えられます。

金融市場動向一覧へ

「金融市場動向」ご利用にあたっての留意点

当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。
  • 投資する有価証券の価格の変動等により損失を生じるおそれがあります。