歴史

ESGへのコミットメントの歴史

1999年

議決権行使ガイドラインの策定

2002年

コーポレートガバナンス委員会設置(現、責任投資委員会)

2004年

中長期業績予想(5年)をベースとした投資判断プロセスを導入

2006年

国連責任投資原則(PRI)に署名

Information

2013年3月13日・15日にPRI諮問員会を迎えた

2007年

International Corporate Governance Network(ICGN)に加盟

2008年

ESG評価を国内株式の運用プロセスに組み込み

2014年

日本版スチュワードシップ・コード受け入れ

2015年

井口チーフ・コーポレート・ガバナンス・オフィサーが、ICGN理事就任

2016年

ESG推進室設立

2017年

責任投資監督委員会設立

グローバル株式でESG評価を運用プロセスに組み込み

2019年

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に署名

SASBのIAG(Investor Advisory Group)に加盟

ESG運用における資産別の考え方を公表

2020年

国内社債運用にスチュワードシップ責任を適用