資産運用の知恵袋

老後を楽しく過ごすために大切なのは「お金」だけではないのじゃが、お金への安心感があれば「人生を楽しむ選択肢」はぐ?んと広がるのじゃよ。「資産運用の知恵袋」では、我輩”ふくろう教授”が、それぞれの年代、目的にあった資産運用の方法、老後資金の過不足を補う方法を説明するのじゃ。

「団塊の世代」という言葉が生まれて36年、いよいよこの団塊の世代が新たなライフステージを迎えるのじゃ。趣味や旅行にはつらつと生きていく時代・・・。本当に、そういうセカンドライフが待っているのじゃろうか。不安の原因を紐解いてみよう。


人生で最もお金がかかるのは「マイホームの購入資金」「子どもの教育費」そして「引退後の老後資金」の3つじゃな。つまり世代が違えば資産を運用する「目的」も「期間」も異なるということじゃ。それでは、資産運用の方法を世代別に見ていくことにしよう。


これから歩みたいと考えておる人生にはどれだけの資金が必要なのじゃろうか。そんなことを考えたときから資産運用ははじまっておるのじゃよ。ここでは、実践的に役立つ知識と情報をご紹介することにしよう。


金融危機とこれからの資産運用:2007年以降、サブプライム問題、リーマンショック、欧州財政問題と、世界経済に影響を及ぼす様々な問題が発生しておる。この章では、金融危機に備えたポートフォリオの構築方法をお伝えすることにしよう。

前のページへ戻る
投資信託ならニッセイアセットマネジメント
- + 老後資金はいくら必要? 年代別資産運用セミナー 知っ得情報 金融危機とこれからの資産運用