金融市場ラインマーカー

政府・日銀の為替介入について

2011年10月31日号

金融市場の動向や金融市場の旬な話題の分析と解説を行います。

2011年6月以降のレポートはこちらから

金融市場動向

  • 10月31日に政府・日銀は、今年3回目の円売り/ドル買い介入を実施。
  • 今回の介入は市場の円買いポジションの巻き戻しが起こりやすい局面で実施された。
  • 経常収支の黒字が縮小傾向にある現下の環境で、為替介入が断続的に行われた場合、一定の円高抑制効果も予想される。

10月31日に政府・日銀は、今年3回目の円売り/ドル買い介入を実施しました。これを受けドル/円は一時、前日終値比で約5%のドル高となる79円台半ばとなりました。ちなみに今年最初の介入(2011年3月18日実施)は同、約4%のドル高でした。安住財務相は介入スタンスについて「あらゆる措置を排除せず、必要あれば断固たる措置をとる」「納得のいくまで介入する」と強調しました。

グラフ1

出所:各種報道、ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

今回の介入は、投機的な動きに対処したものと野田首相はコメントしていますが、直近の投機筋の円買いポジションは、過去に介入があった水準以上に積み上がっており、円安方向への巻き戻しが比較的起こりやすい環境で実施されました(グラフ1)。

グラフ2

出所:各種報道、ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

また、通貨オプション市場でも、市場参加者の多くが円高を見込む環境の中で介入が実施されています。グラフ2のドル/円のリスクリバーサル(※)はドル/円のポジション調整を占う上での指標として有効です。過去、同指標が下振れ局面で為替介入が実施されています(グラフ2)。

  • オプション戦略の一つ、満期、想定元本等が同じOTM(アウトオブザマネー)コールの売り、または買いとOTMプットの買い、または売りを同時に行う取引。

グラフ3

出所:各種報道、ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成
※2011年は1月~8月までの合計値

今回の介入規模は現状では不明ですが、年間の経常収支、資本収支と介入の大まかな為替需給を見ると、2011年は経常収支の黒字は縮小傾向にあるものの、対外証券投資が落ち込んでおり、その分、潜在的な円高圧力が燻り続けることになっています。それを介入が抑制している状態といえます。今後も断続的に介入が実施された場合は、需給的に一定の円高抑制効果があるものと考えます(グラフ3)。

  • 日本銀行・財務省発表の国際収支総括表では、外貨準備高増(及びグラフ3の介入額)の場合は資金の海外流出であるためマイナス、外貨準備高減の場合は海外から資金が流入するためプラスで表記される。

金融市場ラインマーカー一覧へ

「金融市場ラインマーカー」ご利用にあたっての留意点

当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。
  • 投資する有価証券の価格の変動等により損失を生じるおそれがあります。