金融市場ラインマーカー

日本の社債市場の回復について

2010年11月12日号

金融市場の動向や金融市場の旬な話題の分析と解説を行います。

2011年6月以降のレポートはこちらから

金融市場動向

  • 日本格付研究所によると日本の社債の信用力(格上げ/格下げ比率)は2009年に底打ちし、緩やかに上昇しはじめた模様です(グラフ1)。
  • この背景には日本企業の財務体質の改善に伴う信用力の回復が少なからず寄与しているものと考えられます(グラフ2)。ちなみに、90年代後半の日本企業は、純資産が低い中、有利子負債(利払いを伴う負債)が売上高を上回る脆弱な体質でしたが、2000年代以降はこれを改善し、信用の質を高めています。
  • 信用の質が改善した効果もあるのでしょうか、社債の対国債上乗せ金利(リスクプレミアム)は縮小し、社債の信用力の代替指標ともいえるCDS(債務不履行をカバーする保証料)は低下し、リーマンショック前の水準に回帰しました(グラフ3)。
  • 普通社債の発行額は、直近では回復傾向にあります(グラフ4)。

グラフ1

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

グラフ2

出所:日本銀行のデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

グラフ3

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

グラフ4

出所:日本証券業協会のデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

金融市場ラインマーカー一覧へ

「金融市場ラインマーカー」ご利用にあたっての留意点

当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。
  • 投資する有価証券の価格の変動等により損失を生じるおそれがあります。