金融市場ラインマーカー

通貨市場の強弱感を考える

2010年09月21日号

金融市場の動向や金融市場の旬な話題の分析と解説を行います。

2011年6月以降のレポートはこちらから

金融市場動向

  • 日本の実質金利の高さは先進国比では円高の一要因。
  • 主要金融機関の2011年予想中央値によると、日本は他国比、相対的に低成長+低金利国であり、円安要因。

通貨の強弱感を決める重要な指標の一つに実質金利(名目金利-物価上昇率)が挙げられ、昨今の円高の理由として日本の実質金利の高さが一要因として考えられます。日本の実質金利は主要国の中では豪州に次いで高い状態です(グラフ1)。一方、エマージング諸国との比較では、ブラジル、南アフリカ、中国より低位に位置しています(グラフ2)。

日米欧は一段の金融緩和モードである一方、エマージング諸国は金融引き締めに転じる国が出てきました。このような金融政策の乖離は、先進国通貨に対するエマージング諸国通貨のサポート要因と考えられます。

グラフ1

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

グラフ2

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

主要金融機関の2011年経済予想中央値を基に、政策金利と実質GDP(前年比)の相関図を作ると、日本は主要国間で左下方向、つまり低成長+低金利群(通貨安方向)に位置することになります(グラフ3) 。一方、右斜め上方向(通貨高方向)、つまり高成長+高金利群で群を抜いているのは豪州となりました。エマージング諸国で同じアプローチをすると、日本の低成長+低金利が顕著に見えます(グラフ4)。2011年に向けて、この予想が通貨市場の強弱関係に反映される局面が来るのか要注目です。

グラフ3

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

グラフ4

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

金融市場ラインマーカー一覧へ

「金融市場ラインマーカー」ご利用にあたっての留意点

当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。
  • 投資する有価証券の価格の変動等により損失を生じるおそれがあります。