金融市場ラインマーカー

南アフリカ金融市場の動向

2010年09月10日号

金融市場の動向や金融市場の旬な話題の分析と解説を行います。

2011年6月以降のレポートはこちらから

金融市場動向

  • 実質金利の相対的な高さは南アフリカランドのサポート要因。
  • 南アフリカへの高水準の証券投資も南アフリカランドのサポート要因。

グラフ1

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

南アフリカの消費者物価が中央銀行のターゲットレンジである3~6%(グラフ1緑枠)の下限に近くなったため、政策金利が0.5%引き下げられ、6%となりました。

グラフ2

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

足元の円高の要因に、日本の実質金利(名目金利-インフレ率)が高いことが挙げられますが、南アフリカの実質金利は少なくとも日本より高く、またその他の国と比べても、相対的に高水準にあります。

グラフ3

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

他国に比べて高い実質金利は、南アフリカへの債券投資を促し、南アフリカランドの下支え要因になります(グラフ3)。

グラフ4

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

南アフリカはその地理的、歴史的な背景から、輸出を通じ、ユーロ圏経済に影響を受けます。ユーロ圏の中での最大の輸出先(輸出全体の約6%)であるドイツは景気回復が明確化しており、南アフリカにとってはプラスの材料です。

南アフリカは貴金属(金・プラチナ等)の世界有数の輸出国です。貴金属価格の動向は鉱工業部門の収益や株価に影響を与え、同国への株式資金の流入を促します。株式への資金流入は継続しており、南アフリカランドの下支え要因といえます(グラフ5、6)

グラフ5

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

グラフ6

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

金融市場ラインマーカー一覧へ

「金融市場ラインマーカー」ご利用にあたっての留意点

当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。
  • 投資する有価証券の価格の変動等により損失を生じるおそれがあります。