金融市場ラインマーカー

ブラジル経済について(雇用の改善・所得格差の縮小)

2010年06月17日号

金融市場の動向や金融市場の旬な話題の分析と解説を行います。

2011年6月以降のレポートはこちらから

金融市場動向

  • ブラジルの雇用改善・所得格差の縮小は潜在的な購買力を高め、今後も内需に貢献する可能性。

グラフ1

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

GDPの約6割を占める個人消費は、世界的な金融危機局面でも、前年比でプラス成長を続けています(グラフ1)。

ブラジルの個人消費が堅調な背景には、1.雇用・所得環境の改善(グラフ2)、2.インフレ率の伸びを大幅に上回る月額最低賃金の伸び(グラフ3)、3.政府主導の所得格差是正策を受けた中間所得層の増加と貧困層の減少(グラフ4)などが挙げられます。実際、所得配分の不平等を測る指標であるジニ係数は、縮小傾向にあります(グラフ5)。

グラフ2

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

グラフ3

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

グラフ4

出所:Fundacao Getulio Vargasデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

グラフ5

出所:CIA・各種報道のデータを基にニッセイアセットマネジメント作成
  1. 4,807レアル超
  2. 1,115~4,807レアル
  3. 804~1,115レアル
  4. 804レアル以下

中所得層の月間所得は約6万円弱から約25万円弱程度(円換算:2010年6月15日時点1レアル=50.43で計算)

グラフ6

出所:ブルームバーグのデータを基にニッセイアセットマネジメント作成

中所得層の増加は、潜在的な購買力の向上、与信拡大の可能性を高めます。そして、ブラジルにおける普及率がまだ低い、カードローンや住宅ローンの活用を通じ、内需の活性化につながることが視野に入ります(グラフ6)。

金融市場ラインマーカー一覧へ

「金融市場ラインマーカー」ご利用にあたっての留意点

当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。
  • 投資する有価証券の価格の変動等により損失を生じるおそれがあります。