金融市場ラインマーカー

米リセッションと米国株/金融危機と円の関係

2008年11月17日号

金融市場の動向や金融市場の旬な話題の分析と解説を行います。

2011年6月以降のレポートはこちらから

金融市場動向

米国ではリセッション(2四半期連続のGDPマイナス成長)観測が高まっています。これらを背景に米国株には下方圧力が強まっています。そこで、過去のリセッション期間と当時の株価(S&P500)リターンの関係を検証してみました。また、現在のような金融危機局面での円実効レートの推移の特徴について検証してみました。

米国の第2Q(7-9月期)GDP成長率はマイナス0.3%となりました。10-12月期もマイナス成長を見込む向きが多く、米国のリセッション入りが濃厚になってきました。グラフ(1)は過去のリセッション期間の米国株のリターンを表していますが、むしろ上昇しているケースが多いことがわかります。一方、グラフ(2)はリセッション前の四半期(3ヶ月間)の同数値です。こちらは全てマイナスリターンとなっています。株価は6ヶ月先から1年先を織り込む特性があると言われていますが、グラフ(1)(2)はそのことの一例を示しているのかもしれません。つまり、リセッション前の四半期(3ヶ月間)は、リセッション入りを株価が事前に織り込み、実際のリセッション入り後は、その先の景気回復を株価が織り込んでいるのかもしれません。ちなみに、世界一の投資家と賞賛されているウォーレンバフェットは10/17日に「多くの健全な米企業の長期的な成長力に対する過大な懸念は愚かしい。数年後には多くの企業が最高益を出しているだろう。米国株を今買い増している」と述べています。

(1)過去の米リセッション期の株価リターン

出所:ブルームバーグ

(2)リセッション前四半期の株価リターン

出所:ブルームバーグ

(3)過去の金融危機と円実効レートの推移

出所:ブルームバーグ

円は金融危機局面で高くなる特性がある通貨と考えられています。グラフ(3)は過去の金融危機が起きた日の円実効レートを100として指数化し、その後の約2年半の円実効レートの推移ですが、いずれの局面でも金融危機後の初期反応は円高に振れる傾向が見られます。表(4)はその際の円の高値までの騰落率とその期間を示しています。サブプライム問題の収束がいつになるのかは不明ですが、現在と同じく悲観論が蔓延していたLTCM(ヘッジファンド)破綻後の値動きが一つの目処になるかもしれません。

(4)過去の金融危機と円実効レートの推移

金融危機名 発生日 円騰落率 円高ピークアウトまでの期間
LTCM破綻 Sep-98 43% 526営業日
ブラックマンデー Oct-87 11% 157営業日
メキシコ通貨危機 Dec-94 19% 87営業日
エンロンワールドコム会計問題 Feb-02 9% 117営業日
サブプライム問題 Jun-07 36% 364営業日

金融市場ラインマーカー一覧へ

「金融市場ラインマーカー」ご利用にあたっての留意点

当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。
  • 投資する有価証券の価格の変動等により損失を生じるおそれがあります。