償還報告書

償還報告書はどのような時に送られてくるのでしょうか?何が書いてあるのでしょうか?

イメージ

償還報告書とは投資信託が償還(満期償還または繰上償還)した後に作成される運用報告書 (「口座開設のご案内」参照) です。通常は償還日の約1カ月半後に、販売会社から送られて来ます。

福よし

償還報告書に記載されている項目が通常の運用報告書と異なる主な点は、以下の通りです。

表紙

通常の運用報告書では表紙に「運用報告書 第○○期」と記載されていますが、 償還報告書では「運用報告書 償還」または「運用報告書 繰上償還」と書かれています。
また、「受益者の皆様へ」以下の文章をよく見ると、通常の運用報告書では「ここに期中の運用状況(と収益分配)をご報告申し上げます」といった意味のことが書かれている部分が、償還報告書では「ここに運用状況と償還の内容をご報告申し上げます」といった言葉使いになっています。

運用の経過

この部分の投資環境、運用概況については、通常の運用報告書では対象 となる決算期(6カ月未満の決算の投資信託の場合には複数の決算期をまとめた作成期)のみの説明ですが、償還報告書では設定日から償還日までの期間に関する説明となっています。その中に掲載されている株価や金利、および基準価額のグラフ等についても同様です。

投資信託財産運用統括表

通常の運用報告書では最後は「約款変更のお知らせ」など の項目となっていますが、償還報告書の場合には、その後に「投資信託財産運用統括表」と「償還金のお知らせ」が掲載されています。 「投資信託財産運用統括表」は、その投資信託の設定日から償還日までの各計算期ごとの元本額、純資産額、基準価額の推移や分配実績、償還時の財産状況などをまとめた表です。

償還金のお知らせ

1万口当たりの償還金(税引前)が記載されます(当初元本1口 =1円の投資信託の場合)。
また、単位型投資信託の場合には、1万口当たりの手取り額(税引後)も記載されます。

上記は一般的と思われる例に基づいて説明していますので、取扱販売会社によっては、取扱内容や書類の名称が異なる場合があります。

手元の書類を読破するPart1(公的書類)
  • お客様が受取る書類と投資信託の関係
  • 手元の書類を読破するPart1(公的書類)
  • 投資信託説明書(目論見書)
  • 口座開設のご案内
  • お申込のご案内
  • 取引報告書
  • 収益分配金のご案内(兼 支払通知書)
  • 運用報告書
  • 解約報告書(分配金再投資コースの場合)
  • 償還金のご案内
  • 償還報告書
  • 手元の書類を読破するPart2(店頭・WEB)
- +