運用報告書

投資信託のメリットは、みなさんが投資した資金を集め、運用の専門家が投資する銘柄やその配分を決めて運用してくれること。みなさんが投資をしたお金ですから、どこに、どのように投資して、今はどんな状況になっているのかを知っておきたいものです。

イメージ

「運用報告書」とは、一定の期間中にみなさんから集めたお金をどのように運用してきたか、どのような損益状況だったのか、どれだけの費用がかかったのか、今後どのように運用していくかをお知らせする書面です。

福よし

運用報告書はいつ作られるの?

「運用報告書」は原則として「決算期」ごとに作成されます。

投資信託には「決算」があり、一定の期間の運用結果を取りまとめ、利益がある場合には投資信託の分配方針に沿って「分配金」を支払います。その一定の期間のことを「決算期」と呼び (詳しくは「決算は何をするの?」をご覧ください) 、そのタイミングで「運用報告書」が作成されます。決算期や決算頻度は投資信託によって異なるため、「運用報告書」が出るタイミングは、投資信託によってまちまちです。

年に1回決算を行なう投資信託は年に1度、年に2回決算を行なう投資信託は年に2度、「運用報告書」が作られます。ただ、決算期間が6カ月未満の毎月決算型や隔月決算型、3カ月決算型の投資信託、MMF、中期国債ファンドなどは半年に一度の作成でよいことになっています。

運用報告書はどうしたら手に入れられるの?

投資信託を保有していると、販売会社から送られてきます。

投資信託を保有している人に販売会社が「運用報告書」を交付するということが決められています。そのため、「運用報告書」は、投資信託を保有している限り、みなさんが購入した金融機関(銀行や証券会社など)から送られてきます。また、最近では運用会社のホームページでも見ることができるようになっています。

運用報告書は、どこを見たらいいの?

「運用報告書」には、運用成果や投資環境、これからの運用方針がすべてまとめてありますので、ポイントをおさえて必ず目を通すようにしましょう。

福よし

運用報告書の見るべきポイント

イメージ
  1. 決算期中の運用実績: 運用した結果どうなったか
  2. 投資環境: どんな環境で運用してきたか
  3. 運用の概況: どのように運用したか
  4. 今後の運用方針: これからどのように運用していくか
  5. 費用の明細: どれくらいのコストがかかっているか

では、参考例を使って運用報告書を説明していきましょう。

運用報告書の見方(実例)

手元の書類を読破するPart1(公的書類)
  • お客様が受取る書類と投資信託の関係
  • 手元の書類を読破するPart1(公的書類)
  • 投資信託説明書(目論見書)
  • 口座開設のご案内
  • お申込のご案内
  • 取引報告書
  • 収益分配金のご案内(兼 支払通知書)
  • 運用報告書
  • 解約報告書(分配金再投資コースの場合)
  • 償還金のご案内
  • 償還報告書
  • 手元の書類を読破するPart2(店頭・WEB)
- +