お申込のご案内

「お申込のご案内」はどのような時に送られてくるのでしょうか?何が書いてあるのでしょうか?

イメージ

新しく設定される投資信託については、購入の申込をしたときから設定日までに相応の期間が空く場合には、お申込み日から数日後に「お申込のご案内」という書類が届きます。

福よし

また別途、投資信託の設定日の数日後に既存の投資信託を購入した場合と同様、「取引報告書」が送られてきます。
通常、新しく設定される投資信託については、数週間から1カ月程度の募集期間が設けられ、その期間中に購入の申し込みを行うと、1万口当たり1万円(当初元本1口=1円のファンドの場合)の基準価額でファンドを取得することができます。そして、募集期間終了後に投資信託が設定されますが、募集期間の前半で申込んだりして設定日までの期間が長く空く場合には、「取引報告書」に先立ちこの「お申込のご案内」が送られてきます。

「お申込のご案内」に記載されている主な項目は、以下の通りですが、みなさんが実際に申込んだ内容が正しく記載されているかどうかを必ず確かめてください。 万一、疑問を感じる記載箇所がある場合には、「お申込のご案内」に記載されている販売会社(本・支店)の連絡先へすぐに電話して、確認をすることが大切です。
「お申込のご案内」はきちんと保管しておきましょう。

ふくはな教授

「お申込のご案内」に記載されている主な項目

イメージ
  1. 申込日:お客様が申込を行った日付
  2. 約定予定日:通常、募集期間の最終日の日付
  3. 銘柄名:購入または換金された投資信託の名称
  4. 数量:購入申込口数
  5. 1万口当たりの単価:購入時の基準価額
    (募集期間中に申込を行うと通常1万円)
    ※当初元本1口=1円の投資信託の場合
  6. 投資金額:投資信託の購入金額(=4.×5.÷10,000)
    ※同上
  7. 手数料:申込手数料
    (投資信託や販売会社によって手数料率が異なります)
  8. 消費税等:申込手数料に対する消費税
  9. 合計金額:購入時に支払う申込代金の金額
    (=上記6.+7.+8.)

上記は一般的と思われる例に基づいて説明していますので、取扱販売会社によっては、取扱内容や書類の名称が異なる場合があります。

手元の書類を読破するPart1(公的書類)
  • お客様が受取る書類と投資信託の関係
  • 手元の書類を読破するPart1(公的書類)
  • 投資信託説明書(目論見書)
  • 口座開設のご案内
  • お申込のご案内
  • 取引報告書
  • 収益分配金のご案内(兼 支払通知書)
  • 運用報告書
  • 解約報告書(分配金再投資コースの場合)
  • 償還金のご案内
  • 償還報告書
  • 手元の書類を読破するPart2(店頭・WEB)
- +