投資信託説明書(目論見書)

投資信託を購入する際に、「投資信託説明書(目論見書、以下省略)」という小冊子が渡されます。この「投資信託説明書」とはどのようなものでしょうか。

イメージ

投資信託は、商品ごとにいろいろな約束ごとが決められています。これをまとめたものが「投資信託説明書」です。いわば、商品ごとに作られている投資信託の「マニュアル(仕様書)」といえるでしょう。

福よし

「投資信託説明書」には、 投資信託の特徴や手続きなどが事細かに書かれていますので、購入する前はもちろんのこと、購入後も投資信託についてわからないことを調べるのにとても役立ちます。なお、「投資信託説明書」は、販売会社の概要などが書かれた「目論見書補完書面」と一緒に、申し込む際に販売会社が渡す決まりとなっています。
受け取った「投資信託説明書」と「目論見書補完書面」は、よく読みましょう。これらの内容をみなさんがきちんと理解したと認められない場合、投資信託の購入ができません。

福よし

投資信託説明書とは?

イメージ

「投資信託説明書」には2種類、「交付目論見書」と呼ばれるものと、「請求目論見書」と呼ばれるものがあります。販売会社から購入するときに必ず渡されるものが「交付目論見書」、みなさんが請求して初めて渡されるものが「請求目論見書」です。もっとも両方を1冊に合本することもできるため、前半に「交付目論見書」、後半に「請求目論見書」を掲載しているケースもあります。
また、2007年9月の金融商品取引法施行により、「目論見書補完書面」とあわせて、投資信託を購入する場合に必ず販売会社から受け取り、確認しなければならない書類(契約締結前交付書面)として扱われるようになりました。

では、「投資信託説明書」はどこから読むべきなのでしょうか。参考例を使って説明していきましょう。

投資信託説明書(目論見書)2

投資信託説明書(目論見書)3

手元の書類を読破するPart1(公的書類)
  • お客様が受取る書類と投資信託の関係
  • 手元の書類を読破するPart1(公的書類)
  • 投資信託説明書(目論見書)
  • 口座開設のご案内
  • お申込のご案内
  • 取引報告書
  • 収益分配金のご案内(兼 支払通知書)
  • 運用報告書
  • 解約報告書(分配金再投資コースの場合)
  • 償還金のご案内
  • 償還報告書
  • 手元の書類を読破するPart2(店頭・WEB)
- +