預金や株/債券との違い

株式や債券などで運用する投資信託。でも、投資信託って預金や株式・債券とどこが違うのでしょうか?

book

投資信託と預金との大きな違いは、預金が元本保証であるのに対し投資信託は元本の保証がないという点です。
投資信託と株式・債券との大きな違いは、投資信託では組み入れる銘柄の投資の判断を専門家にお願いできるのに対し、株式・債券では投資する銘柄をみなさん自身で判断しなければならないという点です。

福はなイメージ

投資信託は、株式や債券などで運用する金融商品ですが、運用・管理・リスク負担という点で、銀行に預けたり、株式や債券に直接投資するのとは大きく異なります。

銀行預金との違いは?

福はなイメージ

預金と投資信託になったお金ってどうなるの?

book

銀行はみなさんのお金を「預金」という形で集めて、そのお金を必要としている会社に貸し出します。一方、運用会社はみなさんから投資信託という形でお金を集めて、株式や債券などに投資することによってその株式や債券を発行している会社にお金を供給します。

銀行も運用会社も、みなさんのお金を必要な人(会社)に結びつける仲介者の役割を果たす点では共通しています。ところが、銀行預金の場合は、会社に貸し出したことによって得た利息は銀行の収入となり、みなさんはその中から一定の利息を受取るだけですが、投資信託では、運用会社はその投資信託の運用を任され、運用の手数料を受取るだけに過ぎず、投資による収益はすべてみなさんのものになることに大きな違いがあります。

そのため、投資信託では投資の損失(資金を出資した会社が倒産。株券が紙切れになった!など)は直接、みなさんが負担することになります。投資によって大きな利益を得ることもできますが、逆に、投資による損失もお金を出したみなさんの負担となり、場合によっては大きな損をすることもあるのです。

これに対し銀行預金では、企業への貸付の損失(お金を貸した会社が倒産して貸したお金を返してもらえない!など)は銀行が負います。預金者であるみなさんは元本と一定の利息の支払いを銀行から保証されているからです。もっとも、それ以上の収益は銀行のものとなり、みなさんがもらうことはできません。

そもそも投資信託って何?
  • 投資信託の一生
  • そもそも投資信託って何?
  • 投資信託とは
  • 「投資信託」と「ファンド」の違い
  • 投資信託の値段
  • 投資信託の仕組み
  • 投資信託の費用と税金
  • 投資信託の種類
  • 投資信託の運用手法
  • 投資信託のメリット
  • 預金や株/債券との違い
  • 投資信託のリスクの種類
  • 投資信託のベンチマーク
  • 投資信託のリスクとリターン
  • 投資信託の分配金とは
- +